無職、南米ペルーへ挑む!

22歳新卒、夢を追いかけて南米上陸!パワフル奮闘記誕生!

サンチアゴからバルパライソへの行き方<バス>

カフェでカップに名前を書かれるとき「KEY」と書かれます、KEIです。

 バルパライソって?

バルパライソは「天国の谷」(バル=谷、パライソ=天国)という意味

その海港都市と歴史のある美しい街並みが評価され、

2003年にUNESCOの世界遺産に認定されています

歴史のある街並みに加え現代アートを街中に施し、まるで「おとぎの街」です

サンチアゴからバスで2時間、片道約7ドルで気軽に行けるのも人気の理由

リゾート地のビーニャ・デ・マルという場所と合わせて行く人が多いです

f:id:onelifeaskei:20180910020805p:plain

日帰りで行く人も多い

天国がどんなものか私は知りませんが、なんとなく暖かいのどかな街を期待!

サンチアゴで見たいものがあまりなかったのでチリ到着翌日に出発しました

滞在期間は2泊3日、居心地が良すぎてもっといたかったくらいです

1日目 夕方到着、情報収集や夜の散歩

2日目 バルパライソ内観光

3日目 ビーニャ・デ・マルのコンコン砂丘へ、夜にバスでサンチアゴへ 

サンチアゴからの行き方

一人で座りたい人や、お金に余裕がある人はタクシーで行くこともできます

ですがほとんどの人はバスで行きます

メトロでターミナルの駅まで

バスターミナルはいくつかあって、そこまではメトロを使うといいでしょう

降りる駅はこの2つのどちらかです↓

 ①パハリートス駅(pajaritos)

 ②ウニベルシダ・デ・サンチャゴ駅(U.de.Santiago)

私は距離が近かったので②を選びました

駅から直結している「アラメダ・ターミナル」にたどり着きます

地上に上がると目の前がチケットカウンターなので迷わずに済みました

ちなみにU.サンチアゴ駅にはバスターミナルがもう一つ、

歩いて5分先にありますが汚かったのでやめました

f:id:onelifeaskei:20180911021421j:plain

メトロの地図
おすすめのバス会社

①、②のどちらのターミナルに行ってもおそらく勧められるのは

緑色の「Tur Bus」 もしくは「Pullman」という会社

アラメダ・ターミナルはTur Bus一色だったのでそのまま買いました

"Un boleto a Valparaiso,por favor"

(ウン・ボレト・ア・バルパライソ・ポルファボル)

往復購入なら、"Ida y Vuelta"(イーダ・イ・ブエルタ)と伝えてください 

f:id:onelifeaskei:20180911025218j:plain

f:id:onelifeaskei:20180911024839j:plain

アラメダターミナルとTur Bus

まとめ

物価の高いチリには苦しめられましたが、交通費は良心的でした

大体7ドルですが祝日・休日によっては値上がりします

私は往復買わず、帰る日に買おうとしたらちょうど祝日で倍の値段でした

バスの居心地もいいのであっという間につきます

次回からバルパライソ編が少し続きます!

 

 

ペルーって危ないの?リマの治安は?

最近逆立ちにはまっています、ケイです。

南米の治安

南米といえば、ブラジルを筆頭に治安が悪いイメージがありますよね

私はペルーの他にパラグアイ、チリしか行ったことがありませんが

この二つの国はペルーと比べると治安がよかったように感じます

チリは発展していて、パラグアイはのどかな田舎という感じ

ってことは「ペルーは危険?!」というわけでもなく

ちゃんと気を付けて、場所を知っていれば大丈夫です!

一番多い犯罪者は「盗人」ですが大体は盗って逃げます

なのでブラジルのように盗むために殺すようなことはめったにありません

それでも怖い思いはすると思うので観光するにあたって注意点を紹介します

リマの治安

私は現在、ペルーの首都リマで暮らしています

二年前に留学で来たときは大学付近で一人暮らしをしていました

最初の家は徒歩圏内、二軒目はバス通学です

滞在期間は合計でおよそ1年4か月ですが、一度も被害にあったことはありません

ただし、犯行現場に居合わせたことは複数回…。

なので私が被害にあっていないだけで、犯罪は日常的にあります

リマは安全な場所と危険な場所が入り混じっていて

道を一つ外れると「別世界」なのです

 リマ市内の観光地、ミラフローレスや中心街の治安

ミラフローレスでは外国人も多く住み治安は良好です

しかしセントロ・デ・リマ(中心街)に関しては注意が必要かと思います

街から十字架が目印の丘があり、そこの住宅街は危険だと有名です

リマック川の橋を通してそこの人々が行き来しますが渡るのに

身分証明書の提示が必要なほど注目されています

観光だけでなく、多くの市民が安い買い物をするためにも集まってくる

場所でもあるので気を付けましょう

 ローカルな場所を訪れるときには付き人を探すのが◎

f:id:onelifeaskei:20180909111712j:plain

丘の十字架から撮った麓の様子。危ないらしい。

重要!一番注意すべき場所

一般的に日本人はどの国でも狙われやすいと言われていますね

私も留学中肌を焼いたり、現地の服装を真似たり

せめて「日系人」にくらいは馴染もうと努力しました

 ただしやはりアジア人の顔は目立つし、私もか弱い女の子である!

そんなイージーそうな私が一番注意してほしい場所…それは

 あらゆる交通機関、特に乗り降りの際

バス、タクシー、電車それぞれの注意してほしい状況や対策を書きました

 <バス・コンビ編>
  1. 乗車時の会計で財布を出すとき
  2. 車内で道を調べようと携帯を触っているとき
  3. 座席の通路側に座ったとき、窓側も窓が外から届く距離のとき
  4. バスが空いているとき

小銭入れを用意すると◎

路線はかなり複雑なので乗車前に行き先を聞きましょう

大きなバスの他にバンのバス「コンビ」があります

運転は荒いけど安いし本数も多いので一番便利です

あとは小さい車内の中は盗みにくいと勝手に思っています笑

 <タクシー編>
  1. 乗車前に車のナンバーの写真を知人に送っておく
  2. 中から鍵は閉める、窓も全開はNG
  3. 座席は後部座席、荷物は足元
  4. あらかじめ地図を用意しておき道がずれていないか確認
  5. UBER信者ではないが、ローカルよりは安全だと思う

ちなみにローカルタクシーはタイのように

色によって乗らないほうがいいとかはありません

また個人タクシーも多くあるので車種も関係ないです

ペルーのタクシーはメーター制ではなく値段交渉制です

乗車前に行き先を伝えて、相手の数字に応じて下げます

スペイン語の数字は知っている方がいい。)

「いくらがいいの?」って聞かれることもあるので

あらかじめ妥当な値段を現地の人に聞きましょう。

道端の人でも潔く助けてくれるはず。

ちなみに渋滞が多い時間帯は少し値上がりします

 <電車編>

リマには一本だけ通っています。これがなかなかきれいだし、頻繁にくる。

専用のカードでタッチして入場、値段は一律1.50ソル(約50円)

カードは別途購入が必要なので買いたくなければ

近くの乗車しそうな人に声をかけるかカードをもって呼びかけしてる人に頼みます

ラッシュ時は長蛇の列と混雑しますが日本の満員電車に慣れていれば余裕です

駅周辺は治安があまりよくないところもあるので用心してください

 

 リマ以外の観光地の治安

代表的なのはマチュピチュ、ナスカ、イキトスですかね

マチュピチュは安全◎完全に観光地化されてます

※あくまで犯罪の話でぼったくりは含まれてません

 ナスカもです。マチュピチュに次いで有名なペルーのシンボルなので。

イキトスに関しては犯罪よりも自然に注意しましょう(11月に行くので詳細は後々)

ジャングルは本当に侮れません

 

まとめ

結局日本と比べると日頃の安全性は劣りますが、

どの国でも危険な場所や状況があるようにこの国もそうです

慣れると本当に過ごしやすくて、楽しくて、おいしい国です!

私は現地の恋人や友人に守られながら危なさそうなところも教わりました

ローカルの方がペルーらしい良いところがたくさんあるので

機会があればぜひ知ってほしいです!

 

サンチアゴに行くなら知っておいたほうがいいこと

貧乏旅ですいません。

どうも、ご無沙汰しております。お絵描きは得意なほうです、Kです。

youtu.be

 

さてさて、前回パラグアイに行ったときにペルーに再び入国するため

出国航空券を購入したのが今回のチリ行きです。

計9日間の滞在、一週間以上の一人旅は初めてでちょっとドキドキ! 

サンチアゴについたらまずしたこと

7AM、サンチアゴ到着

とりあえず情報収集のためにWifiに接続しようも繋がらない…。

仕方なく3FのカウンターでClaroという南米の会社のチップを購入

データ2GB、instagram facebook twitter whatsappのSNS10日間使い放題

5000(チップ代)+3000(プラン代)ペソで約1360円

1000ペソ=$1.7計算

私の滞在は9日間だったのでこれが最適でした。結局1.4GBくらい使ったかな。

サンチアゴ空港からの交通手段

次に空港からの交通手段ですが、タクシーORバスの二択です

一番安いのが空港シャトルバスで主要駅の近くまでの送迎で1800ペソ

タクシーだと13000から16000ペソ、およそ8倍!高い!

シャトルバスだとまた降車場所から自力で移動しなければなりませんが、

メトロ(地下鉄電車)は安い(一律750ペソ)し簡単なので

シャトルバス→メトロで移動がベストです。

タクシーはメーター制でズルをする人もいるので要注意。

チリでUBERは違法?!

旅行中UBERというタクシーサービスをよく使用します。

UBERはタクシー会の嫌われ者です、ここチリでは違法ということを後々知りました。

空港周辺は特にうるさいらしく、UBERだと気づかれると総攻撃に合うとか…

それも知らず、疲れ切っていたので使用しましたが笑

お値段15000ペソ(約2700円)、0を一つ見落としていて安いと思って呼びました涙

移動方法

結局この日交通機関を一切使わず全て徒歩で移動しましたが

足が悲鳴をあげるとはまさにこのこと。夜も痛みで眠りづらかった…。

地下鉄電車やバスはBIP!というカードにお金をチャージすれば簡単に移動できます。

カードはメトロのどの駅でも買え、チャージができます。

本当に簡単だし安いので私みたいに意地にならずに効率よく使ってください。

f:id:onelifeaskei:20180908121135j:plain

1000ペソで駅の窓口で買えます

サンチアゴ観光

七月はちょうど冬の季節で、多くの観光客がスキーを楽しみに来るそう

私がついた日は4度で息も真っ白になるほど寒い!

太陽が見たくてチリに来たのにまさかペルーより寒いなんて~

少ない冬服を駆使してあとはもう歩きまくる…

サンチアゴの観光名所といえばサン・クリストバルの丘が有名です

ロープウェーに乗ってサンチアゴを一望でき、晴れた日には雪山も見えます

私も行く予定でしたがこの天気じゃ何も見えないと断念

丘の上は盗みがかなり多いらしいので用心してください!

 

サンタ・ルシアの丘f:id:onelifeaskei:20180727124603j:plain

丘は他にもあって、私が目を付けたのはサンタ・ルシアの丘

お洒落でユニークな構造で、丘の頂上まで飽きずに楽しめます

噴水やヤシの木を見て晴れた日に来たかったと思いました

反対側の道にはお土産のマーケットがあります

南米で売っているものは大体同じなので、買うなら物価の安い国で片方がいいです

メルカード・セントラル

f:id:onelifeaskei:20180727124256j:plain

メルカードセントラルの中

 2012年にナショナルジオグラフィックの「世界の食べもの市場」で世界5位に輝いています、メルカードセントラル。建物自体がかなり歴史のあるものです。

期待していってみるも、ちょっと想像していたメルカードと違う!

魚など生鮮食品を売っている場所は見つけたフードコートみたいなお手軽感がない!

これはもはやレストラン、しかもお店比べようとしたら全部同じお店が牛耳っていた。

ウニやらカキなど海鮮メニューを取り扱っていて、日本人だから生を勧められたけど

旅も始まったばかりで南米の生ものは信用し難いのでお断りした

でもチリの海鮮は美味しいことで有名です。特に南のサーモンは食べたかったなあ

 
カテドラル・デ・メトロポリターナ

f:id:onelifeaskei:20180727124713j:plain

歩き疲れかつ物価の高いチリで容易にお店に入って休憩ができない中

私を唯一迎え入れてくれたのがこのカテドラルを初めとした協会たちでした

静かで神聖でここなら安心して休憩できると思える場所でした

装飾は細かくずっと見ていられます。

その美しさにうっとりしてついつい長居してしまっても、もちろん無料です。

 

移動方法

結局この日交通機関を一切使わず全て徒歩で移動しましたが

足が悲鳴をあげるとはまさにこのこと。夜も痛みで眠りづらかった…。

地下鉄電車やバスはBIP!というカードにお金をチャージすれば簡単に移動できます。

カードはメトロのどの駅でも買え、チャージができます。

本当に簡単だし安いので私みたいに意地にならずに効率よく使ってください。

 

 

 

 

 

 

 

YOUTUBE稼げるようになるには果てしない

後悔していること

どうも、ちょっと病んでます。Kです。

 

パラグアイから帰国し、またペルーで過ごしています

実際帰国したのは20日前なんですけど

その間何をしていたかというと、ブログ書いたり、動画の編集をしたり。

 

この動画の編集が慣れないもんで

どうやったらもっと見てもらえるか とか

この動画終わり方わからない とか

パーツ足りない とか

ごちゃごちゃしている とか

 

気づいたら3日間はかかるんですよ最低

編集しては次の日修正して、新しい機能の発見しては加えて

 

今は動画5本できましたけどどれも統一性がないんですよね

 

言語を英語にしようか日本語にしようか迷って

結局両方入れたはいいけど字幕面倒だなって思ったり

英語だけの方が海外受けいいかな?

日本語だけにして日本人だけにアピールしようかな?

色々考えるわけですたった5本の動画でも

 

ブログもそうです。

あんまり長く書いたら読みづらいし、でもあれもこれも書きたい

旅人の真似をしてほぼ自己満で書いてますけど

せめて毎日数人呼んでくれてる人のために書くのがブロガーなのか

京大のヒッチレースの人のブログ、二記事しかないんですけど

すごく面白くて 読んでる人たくさんいるんです

才能だなあ、、、って思います

 

YOUTUBEもブログもやりたいことだったので

叶えることは誰だってできるんですよね 簡単ですもん

ただそれを継続して 精進する気持ちを持ち続けるのが大変

「好きなことだから、勝手にやってたら集客できた」

私も最初はそうだったんですけど、アナリティクスの機能を見つけて

密かに数字が上がったら嬉しかったのが 

だんだんもっと頑張らなきゃって気持ちになりました

 

実は、このブログやYOUTUBEのこと友人家族に一切伝えてないんです

周りの周りの応援があったほうが良いのはわかってるんですけど

なんだか恥ずかしくて、あとは言いたいことが言えなくなっちゃう気がして

 

短期間で大きな夢を成し遂げるなんてできっこないのはわかるんです

わかるけどやりたくて、やってみて、こうやってボヤいて

 

将来のための積み重ねだから ここであきらめちゃいけないよ

そう言い聞かせるために一回文字にしました

 

ちなみに後悔していることは初めて旅をした20歳のときから

カメラもYOUTUBEもブログもやってたらよかったのになあってことです

どの有名なトラベラーも何年もかけて大きくなっていることに気づいて

悔やんでもしょうがないけど

でもやっぱりそうしてたら希望が見えただろうなあ なんて

 

こんな記事でも最後まで読んでくれる人がいたなら

愚痴に付き合わせてすいません。明日からまた頑張りますので

私のこの時期のこの気持ちを あなたと他数人いるかいないかだけが

知っていると思うと小さな繋がりを感じますね。

 

長くなりましたが、今後ともよろしくお願いします

 

K

 

 

 

 

 

イグアスの滝、バードパーク

イグアスの滝と合わせて行きたい南米最大の鳥公園

どうも、かき氷はレモンです。Kです

 

イグアスの滝を検索するとトゥカン(オオハシ)の画像が出てきます

残念ながら私はトゥカンを見ることはできなかったのですが、

滝から車で10分で「パルケ・ダス・アベス」(parque das aves)

というバードパークで見れるそうなので行ってきました

 

鳥のほかにも、爬虫類(ヘビ・オオトカゲ、ワニ)、サル、蝶などもいます

 

広さは5ヘクタールで、一方通行で順に進んでいきます

一応南米最大の鳥公園で150種類取り扱っています

なんだかそんなによいしょするようなところではなかった気もするけど笑

 

私が見たかったのはトゥカン、二羽しか見かけなかった

あのオレンジのくちばしのが好きなんですけどこれもきれいですね!

f:id:onelifeaskei:20180704061236p:plain

人慣れしていて逃げない
f:id:onelifeaskei:20180703112934j:plain
f:id:onelifeaskei:20180703115910j:plain
入口で早速きれいな蝶見っけ

ハーピーの餌時間にたまたま行ったんですけど、うさぎの毛が舞っていました

どうやら数秒でそのウサギを捕獲したそうです

見たかったような見たくなかったような…

 

おそらくこの公園の一番の見せ所はこのオウムコーナー

f:id:onelifeaskei:20180703120333j:plain

大きな鳥かごの中に入るとそこら中オウム

f:id:onelifeaskei:20180704060133p:plain

こちらも逃げない

 

雑談:鳥と私の歩み

ハローキティアニメシリーズで鳥にあこがれる

・5歳。保護していたツバメを勝手に釈放する。

・誕生日に文鳥のヒナを二羽飼わせてもらう(さくらとピーコ)

 数か月後さくらがニンジンアレルギーで他界

・6歳。イギリスに移住のためピーコを祖母に託す

・7歳。鳥と会話できると妄想する。

・8歳。ヒッチコックの大作「THE BIRDS」を見たあと

 部屋に戻るとハトが侵入しており、泣き叫ぶ

・11歳。帰国後ピーコと再会するが忘れられ噛まれまくる

・12歳。ピーコ享年7つで他界。特に何もなく平和に過ごす

・20歳。海でことごとく友人がトンビに食を盗まれる

・21歳。ペルー留学2週間目にして、家に弱った鳥が居座る

 命名「チャーハン」

・チャーハン、2週間で他界。

・三日後、新たな弱った鳥が居座るが数日で飛び立つ。

・クスコのオウム「マティウス」に血だらけにさせられ、オウムを恐れる。

 

要するに少しオウムが怖い!

 

蝶コーナーにはかなり期待していたが規模が小さくあまりいなかった

f:id:onelifeaskei:20180703112939j:plain

見つけたきれいな蝶

最後はオウムと記念写真が撮れる

f:id:onelifeaskei:20180703113115j:plain

アマゾンらしい

トゥカンの規模で言えば神戸の花鳥園の方がすごいが、せっかく来たし

より自然に近い環境で見れたのはよかった!

 

 

 

youtu.be

イグアスの滝での事故<ブラジル側>

イグアスの滝で死者

どうも、幽霊の存在だけは信じています、Kです。

 

壮大な自然の中にある世界遺産に事故はつきものです

こうして写真を撮れるのも、柵や道を整備してくれたからです

f:id:onelifeaskei:20180701064055j:plain

 

ただし、柵だけでは防げないものもあります

 

私がペルーに留学中も「マチュピチュ」という世界遺産

自撮りをしていた若者が落ちてしまい、亡くなった事故もありました

そういう落ち方は防ぎようがないですよね

マチュピチュは景観を守るため柵はほとんどありません

お子様は必ず目を離さないように気を付けてください

イグアスの滝での事故

ガイドさんから滝での事故を聞きました

①転落

まだ当時あまり道の整備ができていなかった頃も滝は観光地として人気でした

ある女性とその友人姉妹と訪れた際、妹さんが足を滑らせてしまったそうです

捜索するもこの水量ではあっという間に流されてしまい行方不明になってしまいました

 

②ボート事故

数年前の話です

ここでは滝の下を突き抜けるボートツアーが名物になっています

複数のボートが同じタイミングで滝の付近にいることはおそらく通常だったのでしょう

その日、二つのボートが正面に向き合ってしまいそのまま追突してしまいました

操縦者もパニックになって冷静な判断ができず、回避できなかったそうです

船は二隻とも横転し誰も助かりませんでした

 

③動物に襲われて

前回の記事でヒョウがいると書きましたがそのヒョウに襲われた人もいるそうです

ほかにも大型肉食動物がいるようで、野生や自然には叶いません

 

「〇〇したら死んでも良い」という比喩がありますが、

実際自分が死ぬなんて思いもしませんよね

私もイグアスの滝で夢が一つ叶って嬉しかったのですが、

旅行中は最悪のケースをいつも想定して少しでも可能性を下げる努力をしています

(シートベルトの着用、端の道を歩かない、自撮りする時の距離など)

特に近年はSNSのブームで度を越した自撮りをする人も多いので

巻き込み・まれないよう周りを一度確認しましょう

 

安心安全な旅を最後まで!

 

 

youtu.be

 

虹がかかった世界遺産イグアスの滝<ブラジル>

死ぬまでに行きたい場所

どうも、幼稚園の時制服のスカートを破りまくっていたKです。

 

この日、夢のひとつがいきなり叶いました!

その光景を見た時思わず叫んだのが

生きてて良かった!!

この夢はきっと誰かの叶えられなかった夢でもあると思います

改めて自分は幸せ者だと感じました

 

フォス・ド・イグアス国立公園

f:id:onelifeaskei:20180703022239j:plain

知らないお兄さんの記念写真

 

フォス・ド・イグアス、通称「フォス側

フォスはポルトガル語で滝という意味です

(ブラジルは南米で唯一ポルトガル語を喋る)

 

左側にヒョウの絵がありますね、そうなんです

実はここの国立公園 ヒョウが出ます

滝関連の事故以外にも野生動物による事故もあるので気を付けましょう

入口には出くわしたときの対処法が注意書きで書いてあります

 

料金とコース

外国人、ブラジル人、メルコスール加盟国によって値段が違います

私たち日本人は12歳以上で52.30レアル2歳から8レアルです

料金には入場料と公園内のバスでの移動料金が含まれています

イグアスホテル(一泊3万くらい)宿泊者以外はタクシーや車で入園はできません

バスに乗ると3つの地点で停車します

一つ目が散策コース(2時間くらい)、二つ目がボートで滝をくぐるコース(別途約50ドル)、三つ目が終点で私たちが下車した一般コースです

 

重要:虹は午前中に見る!昼過ぎは見えない!

 

コースの最後が一番の見どころ!

バスを降りてすぐ人が集まっています、です

ガイドさんに二つ写真スポットがあってそのうち一つがここだといわれました

初めてみる滝に興奮して写真バシャバシャ撮りました

でも心のどこかで「あれ?遠い。こんなんだったかな?」と思っていました笑

f:id:onelifeaskei:20180701064643j:plain

イグアスの滝と初写真

道に沿ってテクテク歩いていくとハナグマに出くわします

人の荷物を平気で漁ってきます!進めば進むほど増えていきます笑

噛まれる原因にもなるし、ハナグマの健康のためにも餌やりは✖

f:id:onelifeaskei:20180703021236j:plain

可愛い顔しておねだり

さらに進んでいくとまた撮影スポットを発見!

しかも虹が出ています!これこれ!

最初のスポットより距離も近くなってる~

でもこれで終わりじゃないよね?ガイドさんスポット二つって言ってたけど…

f:id:onelifeaskei:20180701064644j:plain

虹が出てて大はしゃぎ

虹がこの先もう見えないんじゃないかとしぶしぶ進むK

この距離でも小雨くらいの水しぶきを感じられます、足元も結構滑るので注意

進んでいくうちに滝の音も水しぶきもどんどん強くなっていきます!

 

そして開けた場所に出ました

おや?虹が見える?おお!!おおお!

 

ここ!!

f:id:onelifeaskei:20180703030011j:plain

これだ!!

見えました!私がテレビで観たイグアスの滝!写真で見たイグアスの滝

 

結果、ここまで来る道中スポット4か所くらいありました

毎箇所ここが一番のスポットなんだ!と思って写真撮っていたので

ここにきてバッテリーが瀕死状態に…悔しいけど最後まで撮るぞ涙

全然2か所じゃないじゃん!! でもよかった!

 

このデッキを降りると橋につながっていてさらに絶景!

左側にはエレベーターがあり上から滝を見下ろせます

かなり濡れますので、カメラ守ってください笑

f:id:onelifeaskei:20180701064635j:plain

デッキを降りたところ

f:id:onelifeaskei:20180701064404j:plain

橋の途中、びしょぬれ

f:id:onelifeaskei:20180701064055j:plain

橋の一番先、虹が完全

f:id:onelifeaskei:20180703032047j:plain

エレベーターで上がった場所からの見え方

 

ああ~ただひたすら「生きててよかった!」って気持ち

なんだかんだ写真の順番待ちとかもあって3時間はいました

このあと13:00くらいに虹は消えちゃいました

 

youtu.be